ナビ

下肢静脈瘤の日帰り手術

下肢静脈瘤とは

下肢の動脈と静脈
解剖学アトラス第2版」医学書院

足、特に膝から下で表面の静脈がこぶ状にふくらむ病気です。

足の血管には動脈と静脈があります。動脈は心臓から足の方へ向かって血液が流れ、静脈は足から心臓の方へ血液が帰っていく血管です。

下肢静脈瘤写真

2つのうち静脈の方で働きが悪くなった結果、見た目には静脈瘤となります。また、だるさ、むくみ、こむら返りなどの症状を引き起こしたり、重症化すると皮膚炎や皮膚潰瘍ができることもあります。

下肢静脈瘤セルフチェック

足の症状であてはまるものがあったら、下肢静脈瘤のサインかも。自分の足をチェックしてみましょう。

  • むくむ、痛い
  • 夜中によくこむらがえりがおきる
  • 重くだるい状態が続く
  • 夕方に症状がひどくなる
  • 皮膚が硬くなってきた
  • 血管の青い色が目立ったり、皮膚が茶色っぽく、黒っぽくなってきた
  • 足首、ふくらはぎ、太ももの内側の血管が浮き出て見える
  • 長時間の立ち仕事をしている
  • 家族に下肢静脈瘤になった人がいる

下肢静脈瘤の原因

下肢静脈瘤の状態

足の静脈の中には血液が心臓方向、つまり上向きに一方通行で流れるために逆流防止弁がついています。そのおかげで立っていても血液が、足の方へ下がらずに済んでいるのですが、下肢静脈瘤になっている方は、この静脈の弁が壊れてしまっています。足の静脈全部ではありませんが、太い枝の弁が壊れると静脈の中の血液が足の方へ下がってしまうので、静脈が膨らんだり膝から下に余分な血液が貯まってしまいます。

静脈が壊れるのは中の圧力が上がってしまうからで、原因として最も多いのは妊娠です。妊娠中に静脈の弁が壊れてしまい出産すると、一旦は良くなるのですがその後年齢と共にだんだんと症状が出てきてしまいます。他には立ち時間が長い職業(例、調理師・理容師・教師)の方もなりやすいです。年齢と共に血管へ負担がかかりだんだんと壊れていき症状が出てくることが多いです。
 遺伝ははっきりしないですが、肉親の方で下肢静脈瘤があればなりやすいです。

下肢静脈瘤の症状

なんば坂本外科クリニック

症状として起きやすいのは、だるさ、むくみ、血管部分の痛み、夜間のこむら返り、ふくらはぎのかゆみなどです。このような症状は他の病気でも起きることがあります。例えば心臓が悪い時や貧血でも足がむくんだり、だるくなることがあります。

下肢静脈瘤の症状として特徴的なのは、朝起きたときはわりと調子が良いけど、日中に立っている時間が長くなり午後、夕方になるとおもだるくなる、というものです。朝起きたら痛くて、動いているうちにだんだん治ってくるような足の痛みは、筋肉や関節の症状のことが多いです。また冷たい感じやしびれも下肢静脈瘤では通常はみられませんので、他の原因を考えないといけません。

下肢静脈瘤の検査

エコー検査
ひざ裏部分における静脈不全のエコー画像。逆流が赤で示される。

外来受診時の診察では、まずは見た目(視診といいます)で、静脈瘤の場所や太さをみたり、静脈炎、皮膚炎がないかなどを確認します。

次に超音波検査(エコー検査)を行います。胎児エコー、肝臓などの腹部エコー検査と同じように静脈もエコーで検査することができます。静脈の太さや働き(逆流していないかどうか)を正確に検査することができます。

どんな治療を行うか

静脈瘤の太さや症状、それに加え患者さん自身のご年齢、持病、ご希望をお聞ききながら相談して決めるのが一番良いと思います。

こんな方は治療が必要
年々静脈瘤がひどくなってきている方
静脈瘤による症状で日々困っている方
皮膚に色がついたり炎症、潰瘍がおきている方

見た目にひどくても何の症状もなければ様子を見ても大丈夫ですが、皮膚炎や静脈炎といった症状があれば早めの手術が必要になってきます。

5ミリ以上の静脈瘤があってだるさ、むくみなどの症状があったり、年々静脈瘤が増 えてきている方
静脈瘤としては中等症で、日帰り手術が勧められます。静脈瘤の形によって高周波カテーテルやレーザーによる血管内焼灼術、静脈抜去手術、静脈結紮術など方法はいくつかありますが、3つの方法を静脈瘤の状態で組み合わせて行います。
見た目に静脈瘤はあるけども症状がない方
軽症のため手術をする必要性は低く、今後の悪化の予防のためには弾性ストッキングが効果的です。それでも静脈瘤が増えてくるようなら、その時点で手術を考えれば良いです。
5ミリ未満の細い静脈瘤で、特にそこに痛みがあったり気になる方
静脈瘤切除手術または硬化療法

下肢静脈瘤の治療

対処できる方法としては日常生活で気を付けること、弾性ストッキング、硬化療法、手術による治療があります。

日常生活で気を付けること

  • 長時間の立ちっぱなしや座りっぱなしを避ける、時間を短くする。
  • そのような時にも足首を動かすように、かかとを上げたりつま先を上げるような運動をする。
  • 休憩するときは足を台に乗せて休む。
  • 膝だけを強く締めるサポーターは避ける。

症状が軽い場合は無理に手術をする必要はありません。

弾性ストッキング

弾性ストッキング

圧迫力の強いストッキングにより余分な血液がふくらはぎにたまらないように圧迫しておきます。圧迫は足首とふくらはぎが重要なので通常はハイソックスタイプで大丈夫です。それで静脈の血液が循環しやすくなり足の症状が軽くなることを期待します。
長い目で見ても、今後のさらなる悪化を防ぐこともできるのでとても重要です。ただストッキングははいたり脱いだりするのが大変という方もいます。そのような場合には包帯やスポーツ用サポーターで圧迫する方法も可能です。

硬化療法

硬化療法

この治療方法は、硬化剤(一般名:ポリドカノール)という注射用の薬を静脈瘤に直接注射する方法です。静脈が薬による影響をうけ(変性)、圧迫しておくと静脈がへっこんでくっつくことで治療する方法です。

良い点
外来で20分程度で簡単にできる。
点滴や注射と同じようなやり方なのであまり痛くない。
悪い点
太い静脈は治療できない。
期待していた程、静脈瘤が消えないことがある。
血管に沿って薄く色がついたり固くなり、治るのに数か月かかることがある。
薬を注射して1週間ぐらいはしっかりと圧迫しておかないと効果が減衰します。

手術

伏在静脈抜去術(ストリッピング術)

手術では静脈瘤になってしまっている血管を切除したり、糸でくくったり、高周波やレーザーで熱を加えたりして、静脈に血液が流れないようにしてしまいます。静脈瘤となっている血管はあまり役に立っておらず、他に正常な静脈が残っていますので切除したりしても特に心配はありません。

伏在静脈抜去術(ストリッピング術)手術時間 約30分

伏在静脈抜去術(ストリッピング術)

伏在静脈抜去術(ふくざい-じょうみゃく-ばっきょじゅつ)は局所麻酔に加え鎮静剤で眠ってもらい手術を行います。足の付けや膝付近で、約1cmの切開を2か所行い、その間の静脈の中にワイアーを通して静脈を抜去(切除)する手術です。ふとももやふくらはぎの静脈を10-40cmぐらい抜去します。眠っている間に手術が終わりますので手術中は痛くありません。

血管内焼灼術(高周波カテーテル治療やレーザー治療)手術時間 約20分

血管内焼灼術(高周波カテーテル治療やレーザー治療)

血管内焼灼術(けっかんない-しょうしゃくじゅつ)は局所麻酔に加え鎮静剤で眠ってもらい手術を行います。切らずに治すカテーテルによる治療です。熱が発生するカテーテルを静脈の中に挿入し内側から熱を加えて静脈を縮ませて血液が流れないようにします。レーザーや高周波の器械をカテーテルに接続して治療を行います。眠っている間に手術がおわりますので手術中は痛くありません。

当院では高周波カテーテルやレーザーを使用し、健康保険の適用になります。

静脈瘤切除手術時間 約+10分

静脈抜去術や血管内焼灼術を行うことでふくらはぎの静脈瘤は目立たなくなることが多いのですが一部残ってしまうことがあります。より静脈瘤をきれいに治すためには、目立つ静脈瘤は3mmぐらい切開して切除してしまいます。1-5カ所ぐらい追加切除します。

治療の流れ

初診~治療方針の決定

  1. 初診予約

  2. 初診受付

  3. 問診票の記載

  4. 診察、問診

  5. エコー検査

  6. 治療方針のご相談

    手術が必要かなどに関して相談し、予定する手術をご説明します。
    手術日を決定。

  7. 術前検査(血液検査)

手術当日

  1. 受付

  2. 着替え・手術部位マーキング

  3. 手術室へ

手術後

  1. 手術直後

    手術した下肢をサポーターで圧迫します。約1時間クリニック内の個室で様子観察してから帰宅。

  2. 手術当日

    電車やバスなどで帰宅して頂けます。
    歩行でき、家の中での日常生活は可能です。

  3. 手術後1日目

    サポーターをはずしシャワーを浴びれます。手術後3日間ぐらいはシャワーで。
    日常生活はできますが遠出は避けてください。

  4. 手術後3日目

    日常生活が可能です。

  5. 手術後5日目

    このころに外来診察をさせていただきます。

  6. 手術後10日目

    運動もしていただけるようになります。

  7. 手術6週間後

    外来診察をさせていただきます。

このページのトップへ