ナビ

開院後の手術実施実績(下肢静脈瘤1578人、鼠径ヘルニア1623人)

開院後通算で 〇下肢静脈瘤 1578人 〇鼠径部ヘルニア 1623人 2020年の日帰り手術実施状況 8月 39人(下肢静脈瘤13人、鼠径部ヘルニア26人(うち腹腔鏡14人)) 7月 49人(下肢静脈瘤23人、鼠径部ヘルニア23人(うち腹腔鏡9人)) 6月 44人(下肢静脈瘤11人、鼠径部ヘルニア3 […]

続きを読む

下肢静脈瘤・脱腸(鼠径ヘルニア)の初診診察、日帰り手術予約状況

下肢静脈瘤・脱腸(鼠径ヘルニア)の診察、日帰り手術の予約状況 初診予約は、余裕がありますので当日を含め2,3日以内で予約をお取りできます。 当日でも受診していただけることもありますが、ご希望の場合はお電話でご確認ください。 また手術の待ち期間は7日以内程度となっております。 初診の方は30分程度診察 […]

続きを読む

新型コロナウイルス抗体検査の受付を終了しました。

新型コロナウイルス抗体検査を行っておりましたが、検査キットの確保ができず受付を終了いたしました。(7月9日12時) 悪しからずご了承をお願いいたします。 なお、お電話でご予約、お問い合わせをいただいている方に関しては確保ができております。     新型コロナウイルス抗体検査(Ig […]

続きを読む

新型コロナウイルス対策について。

緊急事態宣言が解除されました。 当院では医療機関として最大限の対策をとりつつ診療を継続しております。 患者様におかれましては予約がありましても咳、のどの痛み、発熱などがありましたら無理せず体調がもどるまで受診をお控えください。また電話での再診も対応しておりますのでご連絡ください。 当院の対策としては […]

続きを読む

消化器外科学会で発表してきました

7月18日に品川で開催されました日本消化器外科学会で発表してきました。 当院での再発鼠経ヘルニアに対する手術が約3年半で42人の手術を行いました。 その治療方法や成績に関して発表しました。 いろいろと2回目の手術は難しくなるのですが核施設が工夫をしているので参考になりました。 こちらのクリニックで手 […]

続きを読む

短期滞在外科手術研究会で発表してきました。

6月8日土曜日に仙台で第15回日本短期滞在外科手術研究会が開催され、そこで発表をしてきました。 「当院における在外日本人、日系人の手術状況」 という内容です。 外国に在住している日本人の方への対応で、メールで事前に確認をしながら初診、手術、再診、その後出国をする流れになります。 4年間で12人の方が […]

続きを読む

日本ヘルニア学会で発表してきました

5月24日、25日に四日市で行われました第17回日本ヘルニア学会で発表をしてきました。 「リヒテンシュタイン法術後早期神経障害の現状」 鼠径ヘルニアの手術後にすこし皮膚感覚がしびれることがありますが、それの現状と対策についてです。 「日帰り手術を予定通りに実施し帰宅してもらうための対策」 日帰りで安 […]

続きを読む

関西ヘルニア研究会で発表してきました

12月1日土曜日に関西ヘルニア研究会がありました。 鼠径ヘルニア治療に関する外科医の会合です。 そこで「鼠径ヘルニア術後再発手術に関する検討」という内容で発表してきました。 鼠径ヘルニアの手術をしてその後、また鼠径ヘルニアになることがあります(術後再発)。 補強をしてても強い力がかかり続けてまた出て […]

続きを読む

このページのトップへ